2005年04月04日

メディア

いまさらですが、個人的なライブドアvsフジvs日テレの騒動を見た時の偏った意見です。
色々無理っぽい論理があるのは、解ってますのでw
----
以前マスコミはクソだと言っていましたが、クソなのはメディア媒体企業全体(というのでしょうか?TVとか新聞とか、ラジオとか雑誌とかその辺り全部を指してます)でした。

今回のライブドア騒動でハッキリとそのクソぶりが現れたと思っています。

メディアが取り扱うのは単純に情報です。娯楽だって情報に過ぎないです。この情報を独占しその上にあぐらをかいていたいと考えてるのが解るのが、「既存のメディアを潰す」(TVを潰すだったかも?結局同じだとは思います)発言に対するメディア媒体企業の言動です。

「既存のメディアを潰す。」これは消費者にマイナスに働くでしょうか?

簡単な問題です。マイナスではなくプラスです。
今まで何回既存メディアが潰され、新しいメディアが生まれたでしょうか?
口伝、のろし、鳩、郵便、新聞、レコード、テープ、ラジオ、テレビ、インターネットと新しいメディアが生まれ、その度に既存メディアは潰されて(実際には潰しても潰れない)、新しいメディアに交代してきました。
メディアの交代で消費者はマイナスだったでしょうか?
情報の量と速さはメディア交代の度に格段と良くなり、それを消費者も喜んで受け入れました。(正確性なんて昔から無いし)。堀江社長はただ今まで何回となく行われて来た事を言っただけに過ぎません。
メディア交代について来れない消費者もいるかもしれません。ですが、それも10年もあれば解決する事です。
メディア交代が失敗するかもしれません。ですが、被害はせいぜい会社が2か3個潰れるぐらいです。失敗しても消費者にそれほどマイナスはありません。例えばテレビ局が1つ潰れても、どれだけ被害があるでしょうか?ほかに幾らでもチャンネルはあるし、テレビやラジオが全ての社会でもないし。

では何故堀江社長の言い分が色んなメディアで叩かれるか?消費者にプラスなのに?

既存企業や芸能人の言い分としては、消費者に安心を!なんて言っていますが、そのためのメディア交代ですし、健康だとか流行に遅れるとか消費者不安を煽る情報を流してばかりのメディア媒体企業が何言ってるの?志向が変わる?流行にあわせて情報なんてコロコロ変わるし、変わらない事がそんなに大事か?(日テレに関して言えば、スタッフや志向を変えるとは言ってないと思いましたが?)

理由は簡単です。メディア交代について来れないと不安、もしくは新しい企業(勢力)に負けると不安な企業や芸能人が、自分の利益を守る為に抵抗しているのです。それを情報を扱う企業としての立場を利用し(道具となっているのがTVだったり新聞だったり解説員だったり芸能人だったりする)、消費者に十分な情報を与えず、不安を与え、思考を一定方向に向かせる事によって、隠そうとしているだけです。

企業や芸能人としては既存の設備(機器、番組、芸能人、ネタ、ノウハウ)をいつまでも使いたいですし、利益の元となる情報と消費者の視聴時間は独占したいと思うのが普通です。
例えば、テレビ番組はチャンネルしか変えれないし、時系列的にしか情報を受け取れません。だから、消費者は欲しい情報(優位な情報、不安を解消する情報、娯楽情報)を手に入れる為に、うざいCMや、嫌いな芸能人の顔やネタ、スポーツ解説、時間稼ぎに何回も繰り返される映像、不安を煽る為にデータの一部を誇張した資料なんかを我慢しているのではないでしょいか?
新しいメディアによって、このうざい事をカットできるとしたらどうでしょうか?もしくは時系列をある程度無視出来るようになったらどうでしょうか?
例えば、番組をダウンロードして見るのが通常(まあそれでもテレビ放送はなくならないと思いますが)となったら、ゴールデン(月9とか)というブランド(?)がなくなりますよね?CMなんか流れてたら、カットするか番組自体を見なくなるかも知れませよね?電波関連の設備がいらなくなるので、新規企業が入るかもしれませんよね?個人が、それぞれの得意分野や地方についての詳細な番組を作るかもしれませんよね?(ブログだってそんなもの)
これでは、情報や消費者の独占はできませんし、新しい対応が山程必要です。
# 最近じゃ音楽企業がこの波を超えようと頑張ってる。CCCDでこけたりしたけど。

結局、新しいメディアへの不安が、もっともらしい薄っぺらの理由で必死で半泣きしながら、助けて!と言っているだけです。

元々上場している日テレが、少量ならともかく大量に株買うなら顔を知ってないとダメ(それって、買わせて下さいとお願いしろと?)とか言ってるのがおかしい。いつまでも義理と人情で過ごせると思うな!株買われるのが嫌なら上場すな!芸能人が出ないと言ってるのを嬉しそう報告すな!社員の不安をネタにすな!てか、堀江社長が会いたいと言う前に日本テレビ社長が会いたいと言え!なんか、なまはげに襲われた子供みたいだよ日本テレビ。怖くないよ〜て誰か慰めてあげて。

そして面白半分で責任全くなしで煽る他のメディア、芸能人、解説員…

情報を選択するのはメディア媒体企業ではないのですよ。
取捨選択し考えるのは自分なのですよ。
このまま好き勝手やらせておくと、ただの資本主義社会にもなれないよ!
民主主義を捨ててるんだから、日本人は。資本主義ぐらいは残さないとね。
posted by maegas at 02:57| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ古いものをぶっこわして新しいものをっていうのは日本人はあまり好みませんからね 堀江氏もそういう風潮があまりに強すぎた為、言い方代わってきてたし ま、かといって事実を歪曲させてライブドアを悪者にしようという風潮は好かんのは同意です 細かいけどニッポン放送ねw
Posted by ひげ at 2005年04月05日 01:46
堀江社長に対する批判って大体
「彼の媚びないストレートな口調」に
対するものが多い気がするんだよね・・・。
「他人の家に土足で入り込んで〜」ってのも
内容批判より言葉遣いや態度の批判って
感じたな。

裏を返せば、そんな些細な点しか攻撃できる
ネタが無いようにみえて、
自らのバカさを露呈していたように
カッティには見えた。

Posted by Katsuo at 2005年04月05日 01:54
>ひげさん
たしかに、ちょっと言い方が変わったかも。和田アキ子には切れられたらしいがw
言葉が変わっても、中身というか手段というか、その辺りは変わらないと思いますけどねw

>せんせ
ストレートな口調が問題って…
へりくだったもしくは敬った物言いってのが、まあ多分普通なんだろうけど、堀江社長が必ずへりくだらなければならない理由はないとおもいますけどね。企業買収で、へりくだった(敬った)物言いが義務化されているとは思わないですよね〜?

なんにしても、ライブドアがんばっておくれ〜!
Posted by makuzu at 2005年04月05日 02:48
メディアに限らず、便利で新しいものが出てくると現在主導権握ってる勢力が保守保身に走って、見苦しい抵抗したりしますね。
ソニーは液晶ディスプレイの出遅れ、MDへの執着でMP3プレーヤーも出遅れ、と失敗した良い(悪い、かw)例でしょうか。
消費者なめんなとw

今回は対象が情報メディアなだけにその辺が顕著に出てるような気がします。
伝わってくる情報が加工された都合のいい情報ばかりで、最近はホントうんざり気味です。

Posted by midorihi at 2005年04月05日 12:54
まーさんの考えに賛同です
マスコミは堀江社長の言葉を(意図的に?)間違ってとらえて、挙げ足をとって大問題にしてるようにしか思えない
それにメディアの世代交代と言っても、映像・動画での番組配信は消えることがないはず
その中で今の放送局は残ると思うし、現に新聞からネットに変わりつつある現在でも、すぐに新聞は無くなるはずもなく、メディアの交代は時間をかけて必然的に進んでいくんだと思うな
Posted by び at 2005年04月05日 15:08
>みどさん
「消費者なめんな!」 これにつきますかね。

結局最近メディア屋さんて、独り善がりが多く感じません?私もうんざり。

あと、ソニーは嫌いなのでどうでもいいw(プレステはなんとか残して欲しいけどw)

>びらさん
マスコミが今回の件を、意図して、大げさに、揚げ足取りで、扱っているのは明らかですよね。
この辺りは、2chの祭と一緒か。

びらさん言われたとおり、新旧が交代するだけで、旧は残りますよ。
この記事書いた後、メディア屋さんはそれぐらいは解っているはずだよな〜?とか思っていたり。
となると、これだけ批判されるのは、
・解ってるけど、交代は嫌
・交代は自分主体でやりたいから、ライブドア邪魔
・堀江社長が生理的に嫌
・若造が気に入らない
・急成長企業の介入が気に入らない
・違法ギリギリが気に入らない
・ポッキーうまい
・ねむい
のどれかは、理由かもね?
結局、わがままなんだよね。
Posted by makuzu at 2005年04月08日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。